天然の歯に劣らない第二の永久歯【インプラント治療の特徴】

インプラント治療は歯を失った人の味方【治療後の注意点とメリット】

治療後に気をつけるべき事とは・・・

インプラント治療について調べているという人は、インプラント治療後に気をつけるべき事を事前に調べておきましょう。どんな事に気をつけるべきなのかを知っていると、自分に適した治療方法かどうか判断するときに役立ちます。

インプラント治療後に気をつけるべき事ベスト5

メンズ
no.1

食事内容

インプラント治療後は、香辛料が多く含まれている物・辛い物・硬い物などは傷口に負担をかけてしまうので、控えるようにしましょう。実は術後の出血トラブルの原因で最も多いと言われています。食べるのであれば、傷口が落ち着いた頃ぐらいにしてください。

no.2

ブラッシング方法

術後のブラッシングは、傷口に触れないようゆっくり丁寧に磨くようにしましょう。多くの人が、普段と変わらない方法でブラッシングしてしまうため、傷口が開き出血の原因になってしまうと言われているため二位に選ばれています。

no.3

入浴

術後は、リラックスしたいという気持ちからか入浴する人もいます。しかし、入浴も出血の原因となるので避けた方が良いということで三位にランクインしています。お風呂はシャワーだけで済ませるようにしてください。

no.4

運動

術後でも変わらず運動しようとする人は多いです。術後の運動も出血の原因の中でも多く、四位に選ばれています。術後は血行が良くなると出血しやすくなるため、運動も控えるようにしてください。

no.5

喫煙

治療期間中の喫煙は、傷口の回復が遅くなる原因の一つになってしまうため控えるようにしましょう。喫煙が原因となりインプラントと骨の結合が上手くいかない事もあります。

天然の歯に劣らない第二の永久歯【インプラント治療の特徴】

治療器具

第二の永久歯と呼ばれるインプラント

インプラントは、入れ歯やブリッジと異なり、顎の骨にインプラントを埋め込んで骨と結合させます。そのため、天然の歯のように硬い物でもしっかり噛むことができるようになります。硬い物を噛むことができない・もっと食事を楽しみたいと考えている人にも最適な治療方法なのです。また、見た目的にも天然の歯に近いため、第二の永永久歯とも呼ばれています。

ウーマン

歯科や歯医者によって手術回数が違う

インプラントは、上記でも述べたように顎の骨に埋め込み、骨と結合させる必要があるため外科的手術を行ないます。治療を受ける歯科や歯医者によって手術の回数が異なるため、手術回数を減らしたい・早くインプラント治療を終えたいという人は、少ない手術回数で治療を終えることができるインプラント治療について調べてみましょう。

口元

治療後は定期的にメンテナンスしよう

インプラント治療が終わった後は、治療を受けた歯科で定期的にインプラントのメンテナンスをしてもらいましょう。しっかり顎の骨と結合しているか、不具合はないかを確認しながら、口腔内もチェクしてもらうことができます。定期的にメンテナンスを受けることで、インプラントを長持ちさせることも可能でしょう。

インプラント治療を実際に経験して思ったこと

院内

誰でも受けられると思ってました(50代:女性)

インプラント治療は希望すれば、誰でも受けられると思ってたんですが違いました。治療の前に歯医者がすみずみまで検査し、問題が無ければインプラント治療に移るといった感じで、ちょっとビックリしました。

思ったより痛くなかった(30代:男性)

俺、痛いの嫌だなって思ってたからインプラントに抵抗感じてたんだよね。でも、勇気を出して治療してもらったら拍子抜けするぐらい痛くなくてビビったよ!歯医者の腕が良かったのも有るんだろうけど、勇気出して良かったわ。

意外に時間かからなかったよ(60代:男性)

外科的手術が必要って言われたから、時間かかるんだろうなって思ってたんだが、意外に手術時間短かったよ。だから、術後はのんびり自宅で過ごしてたね(笑)

長持ちするみたいだから大切にしなきゃ(60代:女性)

インプラントって、血行長持ちするみたいなのよ。勿論、定期的なメンテナンスとか小まめな手入れとかが必要になるみたいなんだけど約10年ぐらいは使えるみたいね!

他の歯にくっついて無いから治療が楽(40代:女性)

インプラント治療をして数年後に、他の歯が虫歯になっちゃって慌てたんだけど、インプラントは天然の歯同様独立してるから治療するのに問題なかったのよ。だから、安心しちゃった。でも、虫歯は作らないように気をつけなきゃね!

広告募集中